ブログ

ポーカーやカジノをテーマにした最高のギャンブル映画

一般の人々の間で、カジノ業界に対する誤ったイメージが持たれていた理由の一つに、カジノ業界に対する固定観念がありました。ギャンブルは、様々な理由から犯罪に結びついています。それゆえ、一般の人々は、ギャンブルに対して、否定的なイメージを抱いていたのです。しかし、第二次世界大戦後すぐ、20世紀の後半ごろから、カジノは勢いを見せ始めます。そして、いろいろな映画作品で、肯定的なカジノのイメージが描かれるようになると、瞬く間に社会現象となり、映画の中でギャンブルシーンが登場することは当たり前になっていきました。また、カジノだけをテーマにした映画も公開されています。

オーシャンズ11

金銭を保管する施設として、カジノほど安全な場所はありません。カジノは銀行であり、侵入は極めて難しいです。ただし、ラスベガスで最も強固なセキュリティを誇るカジノ3カ所で、強盗を働いたダニー・オーシャンの場合は、例外でしょう。通常は、あまり選ばないタイプの映画かもしれませんが、この映画には様々な要素がほどよく融合されています。2001年製作の本作には、ギャンブル用語はほとんど出てこず、専門用語は重視されていなかったようです。しかし、ストーリーは知的好奇心を刺激してくれるもので、脚本は素晴らしい仕上がりです。ストーリーに加えて、ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットというハリウッドの伝説的俳優が出演しているので、観ていて楽しくなること間違いなしです。

カジノ:

ギャンブル映画の中で、最高傑作と謳われる作品です。マフィアの一員からカジノ運営を任されるようになるまで、ロバート・デ・ニーロがカジノのマネージャー役を見事に演じています。カジノ映画に求められるすべてがギュッと詰まった作品に、センセーショナルなストーリーが加わっています。

カジノ

カジノ・ロワイヤル:

エレガントな世界観で知られるボンドムービーですが、この作品ではギャンブルによるひねりがきいた展開が加わっています。カジノ・ロワイヤルは、ギャンブルファンにはたまらないシリーズの一つです。ジェームズ・ボンドシリーズといえば、美女と高級車は外すことはできません。ポーカーマッチで勝利して、犯罪組織の資金源にしようと企てるル・シッフルを、ダニエル・クレイグ演じる主人公が阻止しようとします。

シンシナティ・キッド:

ギャンブル界で名を馳せることは、シンシナティ・キッドの夢でした。しかし、シンシナティ・キッドことエリック・ストーナーがその夢を叶えるには、ポーカーのすべてを知る伝説的ポーカー・プレイヤーの「ザ・マン」ことランシー・ハワードを打ち負かさなければいけませんでした。この映画は、ゲームが開始するシーンから始まります。裏切りやスキルによって、最高の結果を出そうと奮闘するシンシナティ・キッドでしたが、ストーリーは衝撃的かつ奇妙な結末で幕を閉じます。

まとめ:

まとめ

ギャンブル映画といえば、ギャンブルのみをテーマにした作品がいくつもありますが、特に優れた作品は数えるほどです。ギャンブル映画において最も重要なポイントは、インパクトの強さであり、ギャンブルを題材にしたという事実のほかに、ストーリー自体も観客を魅了する必要があります。オーシャンズ11やカジノ・ロワイヤルのような映画は、ギャンブルを扱った映画として最も良い作品です。映画にギャンブルを取り入れることで、ギャンブルに対する好意的なイメージを作り上げ、魅力的であるという認識を広めるのに一役買っているといえるでしょう。